4lzは福音か、悪魔のささやきか

2018年1月23日

GP初戦ロシア終了しました。
結果としては2位で、いつも通りの平常運転と言えなくもないのですが…。
(ゆづ君はNHK杯は高確率で優勝してるけど、初戦は結構2位のお不動さん)
オーサーが何故4lz組み込むことを許可したのか理解できないなぁ。
確かにゆづ君は言ってもきかない性格だけどねぇ……
2014-2015シーズンでのハンヤンとの衝突により、技術習得がゆづ君予定より1年遅れてんじゃないかって、以前の記事で書いたのですが、何もオリンピックシーズンに新技いれこんでこなくてもいいじゃあないですか;
しかも4lz。3lzですらよくこけるのに4lz。とめてくれよオーサー(・´ω`・;A
たしかに初戦のオータムクラシックで、できるはずのことをやらないように抑えた結果大自爆したというのはあるけども、それを考慮したとしても、今このタイミングで4lz入れ込むのは無謀な気がする。
シーズン始まる前のインタビューで、ゆづ君自身が4lzいれることは今は考えてないっていってたから安心してたのに、甘かった…。
結果、4lzに体力・精神力のほとんどをもっていかれ、4lo→3lo、4t→2t、3Aは2回ともゆづ比でクオリティが低いモノとなり、PCS土台のおかげでFSスコアは1位だったものの、SPの差をうめられずネイサンに負け。
今期は手持ちの札を磨きまくって、スコアをどこまで押し上げられるかの勝負をするのだと思っていたので、この後に及んでの新技投入にはかなりがっかり…。
実際、4回転3回だった2015のGPファイナルの点がでてれば今回も勝ってるじゃないですか;
ニュースなんかみていると、しょーまはクオリティに比重をおいた勝負をするようですし…。
しょーまのスコアの出方は全体的に納得いかないけど、出ている以上、無視することはできないし、
メドベのようにしょーまがスコアを積み上げていった場合、足を掬われる可能性はものすごく高くなりそう。
まー、ゆづ君という人は「どうだ!オレの方がすげーだろ!!」と高難度技をみせつけたあげくに完膚なきまでに叩きのめすのが好きな人なので(こうかくとゆづ君が悪人みたいだし、私ゆづファンじゃないみたい;)
今回の4lz投入に至ったのだろうけど、タイミングが悪すぎるなぁ~昨シーズンか来シーズンならまだしも…
で、4lz投入します宣言をきいた私は、「あー、これでもうゆづ君の今期はきえた」と思い、気楽に見よう割り切ろうとしたのですが、ファンの性なのか、やっぱり出番になると心臓くちからでそうなくらい緊張するんですよね;自分がやるわけでもないのに;
ただでさえ高血圧なのに…
今期は今まで以上に健康に悪いシーズンになりそうです。
今回の構成を完璧に遂行した場合の満点は250に近いものになるんだろうな…
SPと合わせたら360↑か…。
実現したら本当に、フィギュアスケート界のオーパーツですね、ゆづ君。
NHK杯まで20日くらいですか。
どんなことになるのやら。
とにかく怪我だけはしないでくれと祈るばかりです……。