なめプでいけるほどオリンピックは甘くない

2018年1月23日

カナダ大会SP終了~
本田真凜は自爆、本郷理華は一見してうまくやったように見えて、PCSの低さが相変わらずで点数のびず…
PCSは一朝一夕で点がでてくるものじゃないので、どうしようもないですが、本田真凜の自爆は痛いですね。
本人はテレビにでるたびにオリンピックにいきたいとうるさいくらいにいってますが、あれじゃあ…。
どうも本田真凜はフィギュアに対する姿勢に真摯さが感じられないんですよねぇ…
昨年の…なんだっけ。最後の方の大会でミスって涙こらえながらインタビューしてんのみたときは、これで気合はいったかなーと思ったりもしたんですが、あんまり変わってない模様;
日本のマスコミはただしなつくってりゃ表現力ある!とかぬかしくさりますが、それでスケートの点数がでると思ったら大間違い。やることやらないで本番で力発揮できるはずないんです。
本郷理華はやっと!足がなおったんかな。昨年と同じプロでしたが、ようやくマトモなカタチのものを見ることができたなぁという印象。
でも、あいかわらず、背中が硬そうで肩から上の動きがぎこちない。
演技内容の完成度の割にPCSがのびてこないのはいかんともしがたい…。
鈴木明子のような人が近くにいるのにどうしてなんだろう…。
まぁこの大会はカナダですし、ケイトリンのためにあるといっても過言ではないでしょう。
ケイトリン比で完璧とは言いがたいですが、それに近い演技でした。すばらしい。
もう一人、心配していたアンナが素晴らしかった。
昨シーズンの世界選手権?でのあの無残な自爆っぷりをみていて(´・ω・`;)←こんな顔になったんですけど、今期のSPは素晴らしくいいですね!アンナにぴったりです!
日本の娘たちはまぁ、明日もがんばれとしか言いようがないです。
自分がどんだけ頑張っても相当な敵失がなけりゃ表彰台は難しい=ファイナルは現時点でほぼ無理な状況ですが、それでもあきらめて投げやりになるようなことはないようにお願いしたい。
ものすごく気になったのはマリアの全ジャンプタノ。
……あれって、美しいですか?わたしにはそうは思えない。
もうほんと、演技内容にあってないむやみなタノは禁止というか、減点対象にしてほしいです。
手ぇあげりゃいいってもんじゃないでしょうに…。