【相撲】サカナ屋のネコ

2018年1月23日

今場所は四横綱中3人が初日から休場ということになってしまいました。
しかしぱっと見ではそうヒドイ怪我をしてるようには見えない鶴竜・白鵬も休むとは…
キセはまぁ、しょうがないでしょう。もともと横綱としては実力が他の人よりちょっと足りないですし、怪我なんか背負ってたら目も当てられないことにしかならないですし。
しかしやっぱりあの腕(胸?)の怪我、腱が断裂してんじゃないだろうか…。
骨折以外でこんなに長い間ほとんど力を出せないというのは、それくらいしか思いつかないのですが。
しかしこれで年中無休で満身創痍の日馬富士が一人取り残されてしまいました。
日馬富士が場所途中でにっちもさっちもいかない怪我したらもう横綱なしですよ。
抱えてる怪我としては日馬富士が4横綱で一番酷そうなのに。
そんでもって大関は照ノ富士も豪栄道も初日から黒星という。
こんなにも上位陣が上位陣らしくない場所って初めて見ます。ヒドイ。
まぁその分、御嶽海、北勝富士、貴景勝、阿武咲などの若手にもチャンスがありありです。
そして当然、高安、嘉風、栃ノ心あたりも狙っていけるでしょう。
さらに宇良・石浦なども優勝は無理でも引っかき回すことは充分可能です。
15日後にどうなっているか、見モノですね。
タイトルの「サカナ屋のネコ」は、照ノ富士vs北勝富士の時に、解説の北の富士が言った言葉です。
照ノ富士に引きつけられてしまっては北勝富士に勝ち目はなくなってしまうので、回しはとれてもとってはいけない、とらずに突き放して距離をとれということを現していった言葉。
言い得て妙というか、うまい言い回しでした。